長沼のCafe インカルシ

長沼町の大地の恵みと素晴らしい景色を味わえるお店

お店から見える景色。優しく静寂で豊かな自然景観は時を忘れさせてくれる。
店名のインカルシとはアイヌ語で「見晴らしのよいところ」という意味とのこと。


「長沼のCafe インカルシ」に行ってきました。


札幌から移住した原ご夫妻が昨年6月に始められたCafeで、長沼町の静かな丘陵の上にあります。既に、各種旅行誌、グルメ雑誌の取材が数多くあり非常に注目されているCafeです。


まず、第一に驚かされるのはお店の窓からの眺望で、「長沼町でNo.1の景色」との評判通り素晴らしい眺めです。長沼町から、樽前山や手稲山までがパノラマ状に一望できます。夕暮れ時には、ドラマチックな夕日と奥行きの深い味わいのある夜景が楽しめます。


ご夫妻と薪ストーブ。薪ストーブの優しい暖かさは、ゆっくり流れる贅沢な時間を演出してくれる


店内もとても素敵な空間です。店内の中心に据えられた薪ストーブは存在感たっぷりで、通常の空調では感じることができないような、体の芯まで包み込んでくれるような暖かさを味わえます。また漆喰の壁、家具作家の匠の技よる無垢材の1点もののテーブル・カウンター、100年の時を刻む柱時計や、今も演奏可能な大正時代の山葉製オルガンなど、アンティークでとても落ち着く空間です。



一日5食限定の「本日の煮込み料理」
本日はロールキャベツです

昼食には一日5食限定の「本日の煮込み料理」を注文しました。

この日のメイン料理はロールキャベツでした。甘味たっぷりのキャベツは、とっても柔らかく箸で切れるほど。中の肉からは肉汁が溢れます!そして毎朝焼き上げるという自家製パンのモチモチ感も感動ものです。



地元農家の自慢の野菜を使用
左のひょうたんみたいな野菜は、なんとカボチャ!

お店は地元の農家の方も気軽にご利用されており、農作業の骨休めの場にもなっています。また、地元の農家の方から直接自慢の野菜を仕入れているとのことです。




なるほど、料理に使われている野菜は地元のもの、パンの原料も地元の小麦。お店の料理の美味しさの秘密がわかってきました。長沼の大地の恵みを感じることができますね。



店内の素敵な空間。ゆっくりと時が流れる。

原ご夫妻に、これだけ素晴らしいお店を作ることができた秘訣をお尋ねしたところ
「お客様にすてきな時間と安らぎを感じていただき、豊かなひとときを共有できたら嬉しいですよ」
と笑顔で信念をそっと教えていただきました。



ご主人のキャリアを活かした用地確保、建設、空間演出、奥様の珈琲コーディネーター取得、パン作り修行など、全てが「お客様を満足させるためのこだわり」が詰まっています。

また、ご夫妻のお人柄がたくさんの人々の交流を呼び、この居心地の良い空間を作っているんですね。



長沼町の素晴らしいスポットを発見しました。長沼の新鮮な野菜、大地の恵みを味わえる、素晴らしい眺めの「長沼のCafe インカルシ」。

車で千歳空港から約25分、札幌からは約1時間の距離にあり、頻繁に通ってしまいそうです!



珈琲コーディネーターの資格を持つ奥様の自家焙煎コーヒー。
素敵な空間に融和した、香りとコクのある深い味わいです。
是非ふわっふわのシフォンケーキと一緒に!