ゼロからの挑戦!就農の決意

北海道虻田郡真狩村 小林ファーム 小林昌男さん

羊蹄山の麓で、美味しい野菜作りに挑戦し続ける小林さんご一家

北海道 虻田郡 真狩村(まっかりむら) にある小林ファームさんへ取材にお伺いしました。


小林さんの畑では、トマト、馬鈴薯(じゃがいも)、地元特産の食用ゆり根などを栽培されています。

伺った日はまさにゆり根収穫の真っ最中! 小春日和のすがすがしい空の下、畑の真ん中で小林さんの就農のいきさつをお伺いして来ました。

インタビューに丁寧に応えてくれる小林さん(左)


小林さんは、以前は東京で私立高校の教員をされていました。

奥様との結婚を機に、

「ゼロからスタートし、後から振り返ったときに何かを成し遂げたという達成感を得たい!」

という思いにかられ、奥様と二人で農家への転職を決意。何度か訪れたことのあった北海道で就農地を探しました。



広い北海道の中から、自分たちの理想に合った土地はここしか無い、と選んだ土地は羊蹄山の麓(ふもと)の真狩村。


もちろん今まで農業の経験の無いご夫妻は、就農の準備として「北海道農業担い手育成センター」の紹介で恵庭市の余湖農園(よごのうえん)さんで研修を受けました。

1年間の厳しい研修のなかで野菜の栽培技術、選別、出荷など、農家になるための基礎コースを学びました。

そして、それからさらに2年間、とても手厚い受け入れ体制で迎えてくれた真狩村の先進農家さんで本格研修を受け、いよいよ独立。

6ヘクタールの畑で、ハウストマト、馬鈴薯、食用ゆり根などの栽培を開始し、今日に至っています。



ゆり根は傷つきやすいため収穫は手作業

周辺の農家の方々や、農協のサポートなどもあり、ご自身の栽培技術もどんどん向上している実感があるとのこと。トマトと馬鈴薯(北あかり)については “特別栽培農産物” としても認められました。


販売の面でもJA出荷以外に独自販路も開拓し、外食チェーンや地元の有名レストラン、道の駅などにも出荷されています。


そして一昨年平成25年には、北海道農業公社の「新規就農優良農業経営者表彰」において最優秀賞に輝きました!

羊蹄山の麓で、美味しい野菜作りに挑戦し続ける小林さんです。



小林さんが丹精込めて育てた野菜は、
↓こちらのリンクからもご購入できます

※商品は季節限定です。